教育旅行のご案内

「生活をする」あたらしい教育のかたち

当研究会では農村民泊体験ができる教育旅行の受入を行っております。
「農村民泊」では農家などの普通の家庭で農村の普段の暮らしを体験していただきます。
自然豊かな環境の中で、昔から伝わる生活の知恵や生業(なりわい)、
また先祖を敬うための仏壇や農業機械などを置く「納屋」のある家など、
生徒のみなさんには見るものすべてが非日常でしょう。
きっと驚きと発見、感動の連続になるのでは。


❶大分県方式について

野津での農村民泊は「大分県方式」という形式をとっています。
入村式後に班ごとに分かれ、それぞれの受入家庭の方と一緒に各家庭に帰り、
お別れ式までの間、生活を共にします。
滞在中は農業・工作・調理・手芸体験など各家庭が用意した、
家庭ならではのプログラムを体験してもらいます。
一般的なホテルや民宿に泊まるのとは異なり、その家庭の家族として泊まっていただくため、
食事の用意や片づけ、就寝の準備など、身の回りのことは各自で行います。
基本的には「自分のことは自分で行う」ということが農泊の特徴です。

❷農村民泊プログラムについて

1.農業体験
    田畑、菜園、果樹園などで、汗を流して働くことの大切さ食べ物の大切さを学ぶ

2.農山漁村体験
    都会ではあまり体験することのない川遊び山歩き
    竹細工など、農山漁村ならではの過ごし方を体験

3.調理体験
    実際に自分で収穫した野菜を使った夕食作り、田舎ならではの郷土料理作りを行う

❸吉四六さん村グリーンツーリズム研究会の特徴

●合同農業体験が可能
    当研究会では体験農場を整備しているため、
    同時に約100名まで合同の農業体験が可能です。

●受入地域がコンパクト
    町内中心部より各家庭までは車で約5〜20分圏内。
    巡回が容易に行え、緊急時にも迅速に対応できます。

●海のエリアも拡大中
    臼杵市は海にも面している地域です。
    そのため地引網や魚のさばき方などの漁業体験も行っています。

●歴史の町
    小京都の風情がある臼杵の市街地では城下町を巡り歴史散策や「国宝 臼杵石仏」の
    見学ができます。また全国有数の醸造地でもあるため、みそ・醤油工場を見学し、
    醸造の歴史を学ぶこともできます。

❹サポート体制・安全管理

・臼杵市役所市民生活推進課にグリーンツーリズム担当職員がいるため、
行政と連携し、受入を行っています。

・毎月の定例会での受入家庭の情報共有・会員同士のネットワーク強化を日頃より行っており、
統一した意識を持っての受入ができます。

・期間中、けがや病気が発生した場合、受入家庭より事務局に必ず連絡が入る体制をとっており、
引率者の指示の元、的確な対応をするよう努めています。

・夜間対応や緊急受入ができる総合病院まで野津町中心部より車で約30分です。

❺スケジュール例(1泊2日の場合)

【1日目】
    13:30 入村式・受入家庭と対面
    14:00 各家庭へ移動し、自己紹介や家庭の説明など
        体験プログラム実施
    17:00 夕食準備
    18:00 夕食、団らん、入浴
    22:00 就寝

【2日目】
     6:30 起床、朝食準備
     7:00 朝食
     9:00 体験農場で合同農業体験
    11:00 昼食準備
    12:00 昼食・片付け
    13:30 お別れ式・受入家庭とお別れ

お申込み

修学旅行のご予約申し込み先

財団法人 日本修学旅行協会 大阪事務所
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-3 BRAVI北浜8階
TEL:06-6209-7797 / FAX:06-6209-7798

修学旅行以外(農村体験学習等)のご予約申し込み先

吉四六さん村グリーンツーリズム研究会 事務局
〒875-0201 大分県臼杵市野津町野津市949
TEL:0974-32-7181 / FAX:0974-32-7764
E-mail:info@kichi46gt.com


その他ご不明点や資料請求は吉四六さん村グリーンツーリズム研究会事務局までお問い合わせください。